北九州野菜レストランでお楽しみください。

北九州野菜レストランでお楽しみください

北九州の野菜を使ったレストランでワインと
こんにちは
早いですね。
もう三月に入りました。
オーナーの森本です。
まだまだ三月に入っても寒い日々が続きますが、時折春の日差しを感じる日々でもあります。
春は確実に近づいています。
当店は、地場野菜をメインで使用していますが、春になると野菜の顔ぶれががらっと変わりますね。地元小倉野菜を使ったランチやディナーなど、北九州野菜直売所で仕入れた野菜ご飯もお楽しみいただけます。

春キャベツや新玉ねぎ、新ジャガイモ、
アスパラガス、菜の花、えんどう豆、
ふきのとう、ウド、などこれからは小倉北区グルメ野菜がたくさんでてきます^_^
お店では、北九州野菜直売所で仕入れて美味しい野菜料理に仕上げています。
特におすすめの料理は、
春野菜のフリットです^_^
洋風の天ぷらですね⭐️
フリットの語源は、イタリア語のfrittoで「揚げる」という意味だ。衣をつけて油で揚げた料理全般をフリットと呼び、イタリアではfritto de+素材名でメニューに掲載されていることが多い。フリットと同じものを英語ではfritter(フリッター)と呼んでおり、言葉が違うだけで両者の特徴に違いはないです。

衣がついていなくてもフリット?

一般的には衣をつけて揚げたものをフリットと呼ぶが、patate fritte(フライドポテト)のように、素揚げの料理にもフリットという名が使われることもある。
フリットの衣は小麦粉・卵黄・牛乳などに卵白をメレンゲ状に泡立てたものを合わせているのが大きな特徴だが、フリットという名前自体にはとくにこの衣の意味は含まれていなかった。料理名は「揚げ物」といういたってシンプルでありながら、独特な衣が人気を集め日本でもフリットといえばふわふわの衣の揚げ物として定着したのである。
フリットは揚げ物という意味の言葉のため、フライや唐揚げ、天ぷらなどもフリットに含まれると思われそうだが、あくまでフリットはイタリア料理である。
イタリアでは素揚げの料理などにもフリットの名が使われることはあるようだが、一般的なフライなどとは別物として考えてよい。
それぞれ確かに揚げ物という共通点はあるが、衣がまったく違うのだ。
小麦粉・卵・パン粉を順につけるフライ、小麦粉や片栗粉をまぶす唐揚げ、水と小麦粉を混ぜた液につける天ぷら。それぞれに個性があるが、その中でも卵白を泡立てたメレンゲで作った衣を使うのはフリットだけなのである。
フリットの特徴は衣にある。
揚げる具材に関してはとくに決まりはなく、衣に甘みをつけてお菓子のように仕上げるフリットさえあるようだ。
料理名に関してはイタリアでfritto de+素材名と表記するように、日本でも「○○のフリット」というように素材名を付け加えることが一般的である。
なるほど。
フリットの、食感は軽く、特徴としては、メレンゲを入れることにより、フワフワ感が特徴的です。
使う具材により、具材の特徴を強調するような味わいに変化させることができます
特に、酸味のある野菜やフルーツなどは、甘さを引き出すことができ、味わいの奥行きを増すことができます⭐️
⭐️当店のフリットの衣
当店のフリットはビールを使うことによりサクッと感を強調しつつ、素材の味わいを引き立てるような衣に仕上げております。
具材としては、季節野菜では、ブロッコリー
や菜の花、他にはエビなども使用しております。
ワインやお酒にもよく合う味わいになっております^_^
最近は、各国のスパークリングワインも充実してまいりましたので、是非 小倉北区野菜ディナーと
スパークリングワインをお楽しみくださいませ。

イタリアンバル SAMURAI

https://italianbarsamurai-1207.com/

電話番号 093-931-4529
住所 福岡県 北九州市小倉北区 若富士町 1-10  朝日ビル104
営業時間 ランチ:11:30~14:00 ディナー:18:00~23:00(L.O22:30)
定休日 月曜日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする