小倉北区城野で彼女とデートに人気。グルメ食材を楽しめるイタリアン

お盆も近くなってきました。

北九州市小倉北区も去年、来年と、夏休みは思うように親戚なんかと会えずにステイホームな方もいらっしゃいますねが、気晴らしは大切なので、家の中でも、外でも、気持ちが軽くなるようなことはいくつか考えときたいですね。

グルメなんかもその一つですね。

最近は自宅で料理を作る方も増えてるみたいです。
パスタなんかは作られてる方は多そうですね。

最近お店では、シェフが自家製のアイスクリームを作りましたよ♪

自家製アイスクリーム

自家製のブランデーレーズンを入れてみました♪

自家製ブランデーレーズン

無駄な不純物が入ってないアイスクリームは自然な味わいですよ。
ランチやディナーのコースに、
料理の後にはぴったりのスィーツです。

★温度管理に徹底的にこだわる。

材料はシンプルで、新鮮な卵の卵黄、北海道産生クリーム、九州産ミルク、バニラオイル、砂糖とシンプルです。

新鮮なプリン材料

重要なポイントがあり、84度以上には絶対にしないということが、あります。

卵を使用してますが、使用しているのは卵黄のみ。
この卵黄の温度コントロールを間違えてしまうと、卵特有の癖がでてしまいます。

アイスクリームは凍らせるくらいの温度で、滑らかな食感とコクと味わいを楽しむスィーツです。

人間の舌の味わいは、温かいものと冷たいものを比べたとき。


温度はもちろんですが、塩分濃度の感じ方、
匂いの感じ方も変わってきます。

84度というラインが卵、特に卵黄の風味を活かす最適な温度帯になってくるわけです。

そして最適な温度にアイスクリームソースを加熱すると、適度なつなぎ効果をもたらします。
これも卵黄の効果です。

卵黄に最適に火が入ってくると、もってりしてきます。

このもってり感はソース全体の一体感を作ってくれます。
そしてコクもでてきます。

自家製アイスクリーム

アイスクリームはコーヒーとの相性も抜群なので、この時期はアイスコーヒーとお楽しみいただきたいですね。

是非、
料理の後にお楽しみくださいませ♪

城野駅から徒歩5分のイタリアンバルサムライに
ご予約お待ちしてます♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする