小倉北区ディナーおすすめ!城野駅徒歩5分のイタリアン。

こんにちは^_^


ディナー用にワインにも合う
美味しいグルメ食材を仕入れました♪

料理は旨味をシンプルに引き出すことを大事にしたアラカルト料理に♪

そのなかでもアラカルトでもコースでも人気のリピートメニュー
あまり馴染みはないかもしれないですが、
鴨肉です。

とても味わい深い一品になります。 これはハンガリーで取れたマグレ鴨です。

ハンガリー産マグレ鴨

マグレ鴨とは、フォアグラを取り出した鴨のことです。 フォアグラを作るために、栄養価の高い餌をたっぷり食べて育っているので普通の鴨胸肉より大きく質もよく、味も濃いです。

特に鴨は皮目から出る旨味のある脂身を持っており、他のお肉とは違った良さを楽しめます。

マグレ鴨の美味しさのポテンシャルを高めるために、こだわってるポイントがあります。

★オリジナルのマリネ塩を利用

マリネ塩

これは、塩や砂糖、スパイスなどを最適比率でオリジナルにブレンドして配合した調味塩です。
お肉にスパイスの風味と最適な下味をつけることにより、肉の旨味を最大限引き出すことができます。

★火入れにこだわる。

鴨肉の特徴として、中まで焼きすぎると鴨肉独自のタンパク質の変性による影響でパサパサとしやすいお肉になってしまいます。


これを防ぐためには、低音による加熱で、お肉に負担のかけない焼き方をしています。

オーブンとフライパン、を使いながら、中心がロゼ色になるように、ゆっくりと火を入れていきます。
弾力などを確認しながら、皮目はパリッと中はジューシーな鴨肉を焼いていきます。

マグレ鴨

そして、焼くことと同じくらい大事な、焼いたお肉を休ませるということ。

焼いたばかりのお肉をは中で肉汁が安定してないために、あわてて切ると旨味の肉汁ざ流してしまいます。

そんな理由もあり、焼いた時間と同じくくらいお肉を休ませてからカットしています。

鴨肉は特に皮目が美味しいです。
皮目自体に、旨味と香りのテイストがあり、
香ばしく焼くことで、さらにそのポテンシャルが引き出されます♪

育ちのしっかりした鴨肉を最適に調理するとホントに美味しいんで是非♪

★ソースにこだわる。


鴨肉に合わせるソースは、その日に合わせたもので作られてます。
鴨肉の味わい深い旨味と脂に寄り添う。

オレンジソースなどを最近は使用しております。

鴨肉と酸味のあるフルーツは好相性♪

オレンジソースは、
カラメリゼした所に白ワインビネガーでベースを作り、オレンジと仔牛の出汁を煮詰めて凝縮した、香りと旨味、さわやかさが同居するソースです。

ほのかに残る酸味も鴨肉と良く合います♪

付け合わせは、自家製のポテトフライを添えてます^ ^

マグレ鴨のロースト

ご予約お待ちしております^ ^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする