小倉でイタリアンのランチコースをお探しの方はイタリアンバルサムライまでご来店ください

こんにちは。


小倉は相変わらず雨は降り続けていますが、やむのは今週末みたいですね。
1週間以上雨が続くなんて、今回だけで勘弁してほしいです。

野菜など、これから影響受けそうですが、私自身は購入する際は、九州の雨被害の受けたエリアなどをメインに仕入れるようにしています。

できる限りは購入することで、被災地を応援していていきたいです。

来週以降は
雨あがるとまた暑くなるみたいです。

こんな時はさっぱりと涼しい気分になる
おすすめ冷たいパスタが当店も、アラカルトメニュー、コースで出現する時があります。

季節のフルーツを使った、トマトベースの冷製フルーツパスタです♪

冷製フルーツパスタ

なかなか珍しいフルーツも楽しめる、オリジナルパスタです。

★冷製ソースは、自家製トマトソースとフルーツの味をベースにしています。

ソースのベースとなるトマトソースは、
イタリア産のタイプの違うホールトマトとピューレをブレンドしており。
トマト感を強調したトマトの旨味を楽しめるソースをイメージした味わいです♪

②種のトマトは鍋で煮詰めてから旨味をさらに凝縮させます。

ニンニクや数種類のハーブで必要な香りをプラス♪
ブイヨンや数種類の調味料を入れることにより、味わいに深みをプラスしてます。

冷製ソースはこのトマトソースをベースに、
グレープフルーツ、エクストラバージンオリーブオイル、パルミジャーノレッジャーノをブレンドします。

トマトベースとグレープフルーツの相性は抜群です。

パルミジャーノレッジャーノ

パルミジャーノ・レッジャーノは、北イタリアの特定地域で生産されたチーズで「イタリアチーズの王様」と呼ばれるほど人気の高いチーズです。


そのため、世界各地で「パルメザン」の名でイミテーションが造られてきました。


このような状況から伝統的なチーズを守るために、パルミジャーノ・レッジャーノ協会は、熟成期間中に厳重な検査を行い、その上で約2年かそれ以上の長い熟成に適しているものを“Parmigiano Reggiano”(パルミジャーノ・レッジャーノ)、熟成12ヶ月の時点で微小な傷や内部にわずかな欠陥が見られるものを“Parmigiano Reggiano Mezzano”(パルミジャーノ・レッジャーノ・メッツァーノ)に等級を分け、チーズの表皮に焼印などでマークを付けています。


熟成が進むとアミノ酸が結晶化して、じゃりじゃりとした食感と、しっかりとした旨味と豊かな香りが感じられます。


このチーズの本来の姿は30kgもある大きなかたまりで、長い熟成期間に水分が減り、非常に硬質なチーズになってます。

パルミジャーノ・レッジャーノは一晩置いて脂肪分の一部を分離させた牛乳と、搾りたての脂肪分を分離させていない牛乳を混ぜて作ります。
そのミルクを温めて乳酸菌、レンネット(凝乳酵素)を加えると、カゼイン(主な乳たんぱく質)が凝固します。その凝固したもの(凝乳)からホエイ(乳清)を除去すると、カードができます。そのカードを小さくカットし、それを取り出して型に入れ、加圧して水分を出します。その後、型を外して高濃度の食塩水に漬けます。食塩水から出した後は乾燥させ、熟成庫の中で熟成させます。
伝統的な製法(DOP)で、1日に1回製造しています。

旨味の強いチーズで、ソースの脇役になってます♪

★自家製で作る季節のフルーツのマリネ

今の季節ですと、桃とか使いますね。
イチゴ、イチジク、ナシも使ったりもします。

苺の冷製パスタ

フルーツはそのまま使用はせず、マリネして使います。
冷製パスタにした場合はマリネしたほうが馴染みます。

自家製マリネ液は、蜂蜜やレモン、エクストラバージンオリーブオイルなどを最適にブレンドして作ります。

フルーツの良さをさらに引き出すようなマリネ液です♪

試行錯誤して作り上げたマリネ液でマリネしたフルーツはそのまま食べても◉な味わい。

冷製ソースの中に入っているパルミジャーノレッジャーノなどのチーズとも良く合います。

冷製パスタ

★パスタはカッペリーニをセレクト

カッペリーニ(カペッリーニ)の名の由来は、
その細さを「髪の毛」(capelli)に喩えたところから来ていて、
ジェノヴァ、ヴァッレ・ラティーナ地方(フロジノーネ県)、
ナポリ周辺が発祥とされています。


カッペリーニの別名として、
「天使の髪の毛」を意味するカペッリ・ダンジェロ(Capelli d’angelo)があり、
英語名でエンジェルヘアー・パスタ(Angel hair pasta)とも呼ばれています。


日本では、「カッペリーニ」という表記が用いられていますが、
イタリア語の Capellini の綴りと発音から、
カペッリーニという表記が正確でしょう。


(ここでは、日本で馴染み深いカッペリーニで統一します)
麺の太さはとても細く、ちょうど日本の素麺と同じくらいで、
製造元によって規格の太さは異なりますが、
0.9~1.3mmくらいのロングパスタをカッペリーニと呼んでいます。


ゆで時間は約2分前後と短めです。
細麺なので、温製よりも冷製の方がおいしくいただけます。

日本でいう揖保の糸のような、素麺のことです♪
喉越しも良い感じです。

メニューにオンリストしている際は是非お召し上がりくださいませ♪
小倉北区城野駅徒歩5分のイタリアンバルサムライです。

現在福岡県が緊急事態宣言中のため、営業時間の確認やご予約など
お電話でのご連絡お待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする