小倉のディナーでチーズをワインと楽しめるイタリアンです。

こんばんは。

最近久しぶりに個性的なチーズを食べてどうお店に使用しようかを、考えている今日この頃です。

チーズはお店に常にストックしていますが、当店では特にワインに合うチーズをメインに仕入れています。

いろいろなチーズ

最近では、パスタ料理にも、そのままでも楽しめる、モッツァレラチーズの仕入れにはこだわりがあります。

イタリア産モッツァレラチーズ

伸びるチーズでほんのり甘い味わいのモッツァレラチーズはおすすめの人気のチーズで、当店でも、トマトパスタなどに合わせて使用しています。

ランチ、ディナー、コースでも使用します。

☆料理に合わせたモッツァレラチーズをセレクトしています。

モッツァレラとは モッツァレラは白く丸い形状のチーズです。 … モッツァレラチーズは、カードと呼ばれる固まった乳に熱湯を注いで練り上げ、引きちぎって成型するパスタフィラータ製法が特徴です。モッツァレラという名前は、「ちぎる」という意味のイタリア語モッツァーレからきており、この製法が名前の由来となっています。

モッツァレッラは、イタリア産のチーズの一種である。モッツァレラとも表記される。イタリア南西部のカンパニア州が原産。くせの無い味わいで、独特の弾力ある歯ごたえが特徴である。熟成工程を経ないためフレッシュチーズに分類される。

使用する原料によって名称に区別がある。本来の原料は水牛の乳であるが、牛乳で代用したものもある。水牛の乳と牛乳では、それぞれ風味に違いが出る。一般に、水牛の乳を原料とするものの方が良質とされる。また、乳牛よりも水牛の方が飼育が難しく、乳の量も少ないため、希少価値から水牛の乳を原料とするものの方が値段が高い。水牛のものを採取する際は水牛に子を産ませた上で子を取り上げ、子が飲む分の乳を利用する。

水牛の乳を原料とするものを区別する場合、モッツァレッラ・ディ・ブーファラと呼ぶ。ウシの乳で代用したものはモッツァレッラ・ディ・ヴァッカフィオル・ディ・ラッテと言う。水牛の乳を原料としたもののうち、一部土地で生産されるものは、モッツァレラ ブッファラとしDOP認証を受けている

パスタフィラータと呼ばれるイタリア南部独特の製法によってつくられる。乳が凝集した状態であるカードに湯を注いで練り、餅のような弾力がでてきたところで、引きちぎって整形する。重さは一つあたり約280グラムが標準である。

そのまま食べてもよいが、味や香りにくせがないのでパスタ、ピザ、グラタンの料理に広く使われる。

生のモッツァレッラのスライスとトマトのらスライスを合わせてバジリコを添えたサラダはカプレーゼと呼ばれる。

現在お店が使用しているモッツァレラチーズは、イタリアの老舗会社のザネッティ社のものを使用しています。

生食も加熱もどちらも大丈夫ですが、

加熱した時の引きや甘さが引き出されるので、当店では、生パスタやピッツァに使用しています。

イタリア産モッツァレラチーズのトマト生パスタ

味わいはミルキーな味わいで美味しいです。

そして、特にモッツァレラチーズは水分の多いチーズなので、加熱しすぎると水分=旨味まで出過ぎてしまう特徴があるため、加熱時間にはかなり気をつけています。

パスタのソースの余熱で溶けるくらいのイメージが一番良いと思っています。

イタリア産のモッツァレラチーズを使用したトマト生パスタは三種類のトマトの旨味を活かしたパスタになっており、トマトの味わいを生パスタとともに味わっていただけます♪

デートにも。

是非お召し上がりください♪

店内はコロナ感染症対策は万全にしています。

ご予約やご来店の際はお店までお電話での連絡をよろしくお願いします。

https://reserva.be/kyohei0107/about

こちらからは24時間ネット予約もできますのでよろしくお願いします。

小倉北区の、J R城野駅から徒歩5分のところにあるイタリアン イタリアンバルサムライまでご来店お待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする