小倉でイタリアンの昼ご飯を探しているかたは当店へ。

こんにちは。

先日の台風が通り過ぎて、今回は比較的規模の小さい台風のために、影響はあまりニュースにはなっていないですが、いかがでしたでしょうか?

規模が小さいとは、いえたまに吹く強風には要注意ですね。

これからの台風シーズンは油断できないです。

非常食など、最低限の備蓄などは必要ですね。

先日の料理、お昼🅱️ランチのメインでお出ししたおすすめメイン料理はサーモンとエビのムニエルです。

サーモンのムニエル

魚介類の食材の仕入れにはこだわり、ソースに合わせる調味料にもこだわっています♪

★サーモンにもいろんな種類がある。

食用として一般に流通しているサーモンは、およそ8種類あります。

国や地方によっても呼称の違いがある。商品名としても別の呼び名があったりするため、かなり複雑に入り乱れている。

■キングサーモン(ますのすけ)

産地:カナダ、ロシア、アラスカ

世界でも最大級のサケ。日本産はほとんどなく、出回っているものは輸入品である。脂肪が多くステーキに最適。ホイル焼きや蒸し物にもおすすめだ。スモークサーモンとしても人気がある。

■白鮭(秋鮭、時鮭、鮭児・・・等々)

産地:日本、アラスカ

日本で最も多く流通しており、日本人には一番馴染みのある鮭。スーパーなどで、年中販売されている定番商品だ。新巻、塩鮭、缶詰、スジコなど、おなじみの製品に使われている。

■カラフトマス

産地:北海道東部、米国、ロシア

小型の種類で、キングサーモンなどと比べて脂身が少なく、筋肉も発達しておらず、身が柔らかくほぐれやすい。日本では揚げ物、焼き物として使われる。また、身は缶詰、卵はスジコなどに加工される。

■銀鮭

産地:日本の三陸沖、北米、チリ、ロシア

成長が早いことから注目され、国内外で養殖がおこなわれている。味にコクがある。

■紅鮭(ヒメマス)

産地:北米、ロシア

北米(アラスカ)、ロシアからの輸入品が日本の市場に出回っている。身が鮮やかな赤。あら汁や塩焼き、お茶漬けなど料理の用途も広く、アメリカではスモークサーモンとして人気が高い。

■サクラマス(ヤマメ、ホンマス)

産地:北海道

海へ下り成長するものを「サクラマス」、降海前の幼魚を「ヤマメ」と呼ぶ。日本では食用としてはあまり流通していないが、富山県の鱒寿司は有名。

■アトランティックサーモン

産地:ノルウェー

日本の市場に出回るほとんどがノルウェー産の養殖。日本では刺身、寿司ネタに多いが、切り身にして焼き魚用としても出回っている。ソテー、ムニエル、ホイル焼きにも合う。

■ニジマス(トラウトサーモン)

産地:チリ

スーパーなどでよく目にする「トラウトサーモン」は、チリの海で養殖された「ニジマス」。

クセが無くあっさりしているため、クリームシチュー、パスタの具に最適である。

今回はニジマスを、使用しました。

時期や調理法やソースなどによりサーモンは使い分けています♪

★ソースは発酵バターのソース

今回使用したソースは、ソテーした魚介類を白ワインで蒸したあとに煮詰めた白ワインに発酵バターをあわせた香りあるバターソースです。

発酵バター」はその原料となるクリームを乳酸菌によって半日以上発酵させてつくられます。 この発酵という一手間を加える事によって、コクが深まり、特有の風味が増すのが特徴です。

日本で一般的に販売されているバター(無塩バター、有塩バター)は、厳密には「甘性バター」と分類されるものです。非発酵(発酵を行わない)製法で作られている点が、甘性バターの特徴です。

甘性バターと比較して、発酵バターはバター特有の風味やコクが強く感じられる点が特徴。日本では甘性バターが一般的に使用される機会が多くなりますが、ヨーロッパでは発酵バターのほうが一般的です。

一般的なバターは、クリームをかき混ぜて乳脂肪分を分離させることで作られます。発酵バターは、殺菌したクリームに乳酸菌を混ぜて発酵させてから作ります。

ヨーロッパでは、紀元前からバターが作られ、使われていた記録も残っているそうです。古くから伝わる伝統的なバターの作り方は、原料の乳からクリームを分離し、チャーニング(かくはんすること)をする方法です。当時は乳を殺菌することなく使っていたことに加え、チャーニングにとても時間がかかったため、作っている間に発酵し、自然と発酵バターになっていました。

1.腸内環境を整えてくれる

発酵バターの製造過程では乳酸菌を用いて原料のクリームを発酵させているため、基本的にはヨーグルトに近い健康効果も期待できるといわれています。つまり腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えるはたらきがあるとされているのです。

2.ビタミンが豊富

バターにはビタミンA・ビタミンBなどの体調を整える栄養素が豊富に含まれています。これらのビタミンには、肌の健康を維持したり、動脈硬化などを防いだりする効果が期待できるとされています。

また、抗酸化作用の強いビタミンEや、免疫力の向上に効果的なビタミンDなども、バターには含まれています。特にビタミンAやビタミンDのような脂溶性ビタミンは、バターの脂肪分とともに摂取することで体内に吸収されやすくなります。 

美味しさと健康が、ある発酵バターソースは魚介類には良く合うソースです。

白ワインのほのかな酸味があと引くソースです。

白ワインで蒸すことでサーモン以外の海老やベビー帆立の旨味もはいりさらに味わい深いになります♪

お楽しみくださいませ♪

サーモンのムニエル

営業時間やご予約についてはお電話でのお問い合わせお待ちしてます。

記念日やデート、誕生日などのお祝いなども。

コロナの感染症対策はしっかりと対応して営業しております。

小倉北区の城野駅から徒歩五分です。

ご予約お待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする