小倉から城野駅近くのお店をお探しのかたは生パスタがおすすめの当店へご来店ください。

こんばんは

今日は寒いですね。

北九州市小倉北区も久しぶりに雨が降り、気温もだいぶ落ちてきてますね。

寒い時期にオススメの、今が時期の広島産の牡蠣を使用した牡蠣のクリーム生パスタがメニューに登場しました。

広島産牡蠣のクリーム生パスタ

牡蠣の旨味が、存分に味わえる生パスタに、なっています。

ランチでもディナー、コース料理でもお楽しみいただけます。

☆仕入れる牡蠣にこだわる

使用している牡蠣は広島産の牡蠣です。

大きくプリッとしていて、濃厚な味わいが特徴

広島のかき生産量は全国1位。全国の生産量の半分以上を、広島県産が占めています。かきの養殖の歴史は400年以上も前の室町時代から。一般的な広島かきは、殻は小さいけれど身は大きくプリッとしていて、濃厚な味わいが特徴。旬は1〜2月です。近年では、肉厚で1年中おいしさの変わらない品種「かき小町」が開発され、夏でもプリッとした甘味が濃厚なかきを楽しめるようになりました。ブランドでは、三倍体といわれる30本の染色体を持つ「かき小町」、地御前産の「健牡蠣」、天然干潟を利用した殻付きかき「安芸の一粒」が有名です。

かきの餌となるプランクトンが良く育つのも大きなポイント

広島湾は波が静かで潮の流れも適度にあり、かきの育成に良い条件が揃っています。また、流れ込む河川水の影響で、広島湾では梅雨時期から夏にかけ、海水中の塩分濃度の差による層ができます。これは、甘い水(少し薄い海水)を好む牡蠣に有利な条件。中国山地から流れる豊富な栄養分が運び込まれ、かきの餌となるプランクトンが良く育つのも大きなポイントです。また、全国的に人気の理由は、その美味しさはもちろん確かな安全性にもあります。県が独自に条例を定め、食品衛生上の安全対策に特に力を入れています。

牡蠣(真牡蠣)の旬は、産卵を終えた冬の11月頃から美味しくなり始め、最も美味しくなるのは産卵の準備に入る3~4月頃で、身が栄養を蓄えふっくら太って、味もとっても濃厚クリーミーになります。

当店のこの時期に獲れた丸々とした、牡蠣を使用しております♪

牡蠣の旨味を存分に感じていただけます。

☆加熱しても身が縮まずに、旨味を残したままの牡蠣をセレクト

出来上がりの牡蠣も身はぷりぷりな状態をキープ。

中には旨味をたっぷりと蓄えています♪

北海道産のバターと生クリームは牡蠣の旨味

旨味の秘密は、牡蠣の持つ豊富なグリコーゲンにある。グリコーゲンは単独では無味無臭だが、ほかの味と一緒になるとコクと旨味が出るのだ。 貝類の旨味成分として知られるコハク酸もいっぱい。甘みのあるアミノ酸のグリシンも一役買っている。繊細にして奥深いあの味わいは、これら三つの成分が醸し出すハーモニーなのである。

存分に牡蠣のクリームパスタで感じていただけます。

広島産牡蠣のクリーム生パスタ

アラカルトでも、ディナーのコースでも楽しめます。

ご予約やご来店の際はお電話でのご連絡をよろしくお願いします。

https://reserva.be/kyohei0107/about

こちらからは24時間ネット予約ができます。

ご利用の際はよろしくお願いします。

小倉北区城野駅から徒歩5分の料理に使う食材にこだわるイタリアン。

イタリアンバルサムライまでご来店お待ちしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする