北九州で箸でイタリアンを楽しみたいかたへ。

北九州で箸でイタリアンを楽しみたいかたへ。

先週のランチでお楽しみいただいてます。

豚ほほ肉の赤ワイン煮込みです。

鹿児島産黒豚ほほ肉の赤ワイン煮込み

使用している豚肉は、薩摩黒豚のほほ肉を使用しています。

かごしま黒豚とは、鹿児島県内で飼育されたバークシャー種の豚肉、またはその豚の生体を指す。かごしま黒豚と言う名称は1999年に商標登録されている。 黒豚のブランドは鹿児島県以外にも、埼玉県・群馬県・岡山県・香川県に存在するが、かごしま黒豚は別格の扱いで、過去には食肉市場では牛肉並の値が付けられたこともある。

中国から琉球、鹿児島へと伝わった黒豚
品種改良の末、その人気は全国区に

「かごしま黒豚」のルーツは今から約400年前に、島津18代藩主・家久により琉球から鹿児島に移入されたといわれ、その後、長年に渡り県内で飼育されてきました。
鹿児島の黒豚の名が知られるようになったのは、黒船で揺れる幕末期の頃、外交問題の重鎮・水戸藩主徳川斉昭公をして「いかにも珍味、滋味あり、コクあり、何よりも精がつく」と言わしめ、郷土の偉人・西郷隆盛もこよなく愛したといわれています。
明治に入ると、黒豚の品種改良が本格的に取り組まれ、在来の黒豚にイギリスから導入したバークシャーと交配することで、おいしさに一層磨きをかけたのです。昭和20年代には、鹿児島から東京の芝浦へ出荷が行われ、そのうまさと品質の良さが評判となり、昭和30年代には、東京で黒豚ブームが巻き起こり、本県産の黒豚は「鹿児島黒豚」と称され、高品質な豚肉の代名詞として広く知られるようになったのです。

肥育後期にさつまいも(ほとんどが外国産)を10~20%添加した飼料を出荷直前の60日前から与えており、鹿児島県黒豚生産者協議会の会員が、県内で生産・肥育出荷・と畜したバークシャー種である。

バークシャーを基礎に品種改良
研究への情熱が生んだ高品質の黒豚

県黒豚生産者協議会では、「かごしま黒豚」を生産するために必要な基準を設けています。その1つめは、豚の品種。「かごしま黒豚」は全てバークシャー(アメリカバークシャーは除く)で協議会では、他の品種と混飼しないことを条件としています。バークシャーは、体毛は黒色ですが、四肢、鼻梁、尾端の6箇所に白斑があり「六白」とも呼ばれ、他の豚と比べ、産子数は少なく、発育が遅いものの、筋繊維が細かく歯切れがよい、うま味をたっぷり含んでいるなど、他の品種にない特徴を多く持っています。

健康的で優れた肉質
おいしい黒豚の秘密は甘しょパワー

「かごしま黒豚」を生産するために必要な基準、もう1つは、肥育後期に甘しょ(さつまいも)を10%~20%添加した飼料を60日以上与えること。甘しょを与えることで、黒豚の脂肪の質が向上し、さっぱりとした食味やしまりのある肉質が生まれるのです。また、赤肉脂肪中に抗酸化作用のあるビタミンEが増加することも研究によって分かっています。協議会の会員は、甘しょの給与基準を厳守しておいしい黒豚を生産しています。

赤ワインにも、ビールにも良く合います。

ほほ肉の特徴として、ゼラチン質なので、煮込むことにより、味わいが増します。

煮込みながら、赤ワインや仔牛の旨味をほほ肉にふくませていきます。

定期的に登場したときは、楽しんでいただきたい、メニューです。

赤ワインとのマリアージュもお楽しみいただきたいです。

鹿児島産黒豚ほほ肉の赤ワイン煮込み

お肉に関する過去記事はこちら

お肉に関する過去記事はこちら②

お肉に関する過去記事はこちら➂

お肉のステーキソースについての過去記事はこちら

魚に関する過去記事はこちら①

ワインに関する過去記事

現在店内のコロナ対策は万全にして営業しております。

ご来店やご予約の際はお電話でのご連絡をよろしくお願いいたします。

https://reserva.be/kyohei0107/about

こちらからは24時間ネット予約できます。

よろしくお願いいたします。

JR城野駅から徒歩5分のイタリアンバルサムライまでご来店お待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする