小倉北区でイタリアンワインを楽しみながら美味しいアラカルトを楽しめます

小倉北区でイタリアンワインを楽しみながら美味しいアラカルトを楽しめます。

当店では、各国のワインありますが、

イタリアワインのおすすめは、

キアンタリ ネーロ ダーヴォラがおすすめです。

イタリア産白ワイン

高い樹齢、遅い収穫、低い収穫量、バリック熟成、こだわり詰まったミドルキュヴェ

キアンタリとは、シチリア方言で「耕作する」という意味で、この土地でずっと昔から働く葡萄栽培者への敬愛を表しています。畑は標高300~500mの高いところにあります。スタンダードのネーロ ダーヴォラ(I487)より、収量を低く抑えています。また、葡萄の種まで熟すように、より遅く収穫します。低温で発酵、10~12日間マセラシオンを行います。葡萄は柔らかくプレスを行い、マロラクティック発酵はバリックで、熟成もバリック(フレンチオーク、一部にアメリカンオーク)で6ヶ月行います。骨格がしっかりとしているため、スタンダードよりルモンタージュを多く行います。果実味が先に感じられ、後から樽の風味が続くバランスにしています。集約感は高く、アルコールのボリューム感、バニラのようなニュアンスがあれります。

しっかりしたフルボディの赤ワインです。

芳醇な香りも♪

フォアグラ料理

ワインにあう、オードブルの中でも、人気オードブルはフォアグラを使ったオードブルです。

フォアグラテリーヌ

フォアグラフランは、人気あります。

https://youtube.com/shorts/gLGs7-Iuft4?feature=share

フォアグラは、世界三大珍味として有名な食材。ガチョウやアヒルに沢山の餌を与えることにより、肝臓を肥大させて作る。フランスでは、クリスマスや祝い事の伝統料理およびご馳走として食される。フランス料理の食材の一つであり、宮廷料理として供されたり、美食家や富裕層にも食されている

味わいとしては、風味があり、味わいは濃厚な味わいがあります。

フォアグラをテリーヌ

テリーヌとは本来、陶器製や琺瑯引きの鋳鉄製の容器のこと。現在ではステンレス製などもあり、長方形の形をした型のことをテリーヌ型と呼ぶのが一般的です。料理のテリーヌは、簡単に言えばこのテリーヌ型に入れて形を作り調理されたもの。フランス料理としてはレバーやミンチ肉、フォアグラ、野菜や魚介など、いろんな具材で作られます。

伝統的なテリーヌの作り方は型に脂やバターを敷き、具材を詰めて焼きます。しかし湯煎で火を通したり、オーブンで蒸し焼きにしたりする手法もあります。テリーヌ型に具材を入れて形作ればテリーヌと呼ぶことができるので、型に具材とゼラチンを流し込んで冷やしたゼリー寄せもテリーヌと呼ぶことができます。本来はテリーヌ型に入れたまま提供するものだったようで、現在でもフランスのテリーヌ発祥のお店では型に入れたまま豪快に提供されています。

しかしながら近年では四角いテリーヌ型ではなく楕円形の方を使ったり、丸型のセルクルに具材を詰めて作ったりすることもふえてきました。「テリーヌ型に入れたものをテリーヌと呼ぶ」という定義は若干あやふやになりつつあるようです。

下味やワインなどで下味をつけたフォアグラをテリーヌ型に入れ、低音で火を入れてしあげています。

表面にグラニュー糖かけてバーナーでカラメリゼすることでパリパリとした、表面上の食感もたのしめます。

新玉ねぎを使ったムースの記事もあります。

ランチやディナーの前菜の過去記事はこちら

前菜に関する過去記事はこちらも

前菜に関する過去記事はこちらも②

前菜に関する過去記事はこちらも➂

前菜のスモークサーモンの紹介記事はこちら

フォアグラを使った前菜記事

チーズに関する過去記事はこちら

現在店内のコロナ対策は万全にして営業しております。席数を制限して空間を取り営業しております。

https://youtube.com/shorts/Fm29_xR2lbs?feature=share

ご来店やご予約の際はお電話でのご連絡をよろしくお願いいたします。

https://reserva.be/kyohei0107/about

こちらからは24時間ネット予約できます。

よろしくお願いいたします。

JR城野駅から徒歩5分のイタリアンバルサムライまでご来店お待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする