北九州小倉イタリアンでは当店のディナーをお楽しみくださいませ。

北九州小倉イタリアンでは当店のディナーをお楽しみくださいませ。

こんばんは^_^
三月も中旬に入りだいぶ日中はあたたかくなってきましたね^_^
北九州小倉北区城野駅近くにあるイタリアンバルサムライというお店をやっております。
昼はパスタをメインにしたランチを夜はワイン片手におすすめのコース料理や予約制の高級なコース料理やアラカルト
デートや誕生日などのおしゃれな記念日女子会などのディナーコースなどがございます。
食材にはこだわりがあり、肉や魚は信頼のおける業者さんを通じて美味しくて、育ちや環境にも優しい食材を仕入れております。
今日はお店では、スペアリブの仕込みをしていました^_^
スペアリブとは
一般的には、特に豚の骨付きばら肉またはそれを調理したもののことを言う。
沖縄の方言ではソーキと言って、沖縄料理のなかでも重要な食材である。
中華料理においては排骨と呼ばれ、飯や麺に載せて食べられる。
アメリカでは、バーベキューとして食べるのが一般的で、各家庭でスペアリブのソースに特色があり、それを競うコンテストも盛んに開催されている。
チリでは、牛のスペアリブを使ってカスエラを作るのが一般的。
当店ではきなこ豚
”きなこ豚”は、畜産が盛んな都城市にある「はざま牧場」で、宮崎県の澄んだ空気と清流の中で大切に育てられている。 大豆からできる栄養価の高い“きな粉”と、厳選したトウモロコシ等とブレンドした飼料で育つ豚は、豊かな植物性たんぱく質で甘みが増した脂が絶品。
の豚肉のスペアリブを使用しています。
もともと骨に近い部位であり旨味の強い部位なんですが当店では、さらに岩塩やスペイン産のニンニク、ハーブなどで旨味や香りをつけた仕込みをしています。
もともとスペアリブは旨味はあるのですが肉質が硬い性質を持っています。
そこで当店では、
コンフィという調理法を用いて、硬いお肉を柔らかく味わいのあるお肉に変えています^_^
コンフィ(フランス語:confit)はフランス料理の調理法であり、各種の食材を風味をよくし、なおかつ保存性を上げることのできる物質に浸して調理した食品の総称である。 主に南西フランスで用いられる。 コンフィにする食材は肉と果物であることが多く、肉の場合は油脂を、果物の場合は砂糖を用いて調理するのが通例である。
こんな調理法ですね^_^
油の中でゆっくりと火を通していく調理法なんですが、火入れの前に天日塩やハーブ、ニンニクなんかでしっからと旨味や香りを閉じ込めながらコンフィをしています^_^
旨味を味わいながらも、柔らかいスペアリブは、ワインやビールに最高に良く合います^_^
スペアリブに合わせるソースは、
当店で手作りしているステーキソースが良く合います^_^
新鮮なたまねぎを下処理をして甘さを増したたまねぎに、数種類の調味料やスパイス、味を整えています。
こだわりは玉ねぎの下処理であり、味わいの肝となっています。
たっぷりのたまねぎを使った自家製ステーキソースと旨味のある柔らかスペアリブの味わいを是非当店でお楽しみくださいませ^_^

イタリアンバル SAMURAI

https://italianbarsamurai-1207.com/

電話番号 093-931-4529
住所 福岡県 北九州市小倉北区 若富士町 1-10  朝日ビル104
営業時間 ランチ:11:30~14:00 ディナー:18:00~23:00(L.O22:30)
定休日 月曜日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする